保険のご検討・資料請求ダイヤル

0120-680-777

契約内容照会・給付金等のご請求

0120-236-523
月~金
9:00~19:00
9:00~18:00 ※日祝除く

保険選びのときに知っておきたい!国による社会保障制度

医療費の自己負担限度額を定めたり、万が一働けなくなってしまった際に一定基準の給付金が受取れたりと、日本の社会保障制度は非常に充実しております。
社会保障制度のことを知っておくと、いざという時に家族や自分を守るだけでなく、生命保険を選ぶ際にもとても役に立ちます。
ただ、様々なケースに対応できるように制度がきちんと整備されている反面、分かりづらくなってしまっている制度があることも事実です。
ここでは知っているととても役に立つ社会保障制度について、できるだけ簡単に説明していきます。

健康保険・国民健康保険(公的医療保険)による保障

医療費の一部を国や公的機関が負担してくれる制度です。
この制度により、公的医療保険に加入してれば誰でも安心して必要な治療を受けることができます。自己負担の割合は年齢や所得によって定められているので確認しましょう。

詳しく見る

高額療養費制度による保障

日本では一ヵ月に支払う医療費の上限額を定めており、上限額を超えた金額は後日払い戻されます。これを定めた制度が高額療養費制度で、上限額は年齢や所得により定められています。
先進医療など上限額がない治療法・傷病もあるので確認しておきましょう。

詳しく見る

傷病手当金による保障

会社員や公務員などは、病気やケガで働けなくなってしまった時、加入している健康保険から給与の代わりに傷病手当金を受取ることができます。
支給金額や受給資格は制度によって定められているので解説します。

詳しく見る

公的年金制度による保障

公的年金は、老後のためだけでなく、不慮の事故などで障害の状態になったときに受取れる障害年金や、残された遺族の生活を保障すための遺族年金があります。
老齢年金、障害年金、遺族年金について詳しく説明します。

詳しく見る