保険のご検討・資料請求ダイヤル

0120-680-777

契約内容照会・給付金等のご請求

0120-236-523
月~金
9:00~19:00
9:00~18:00 ※日祝除く

チューリッヒ生命の医療保険

病気やケガによる入院や手術に備える、
一生涯保険料の変わらない終身医療保険

日帰り入院はもちろん
長期化が心配な入院にも備えられる、
一生涯保障の医療保険

こんな方におすすめ!

  • 病気やケガになった時の保障を
    お手頃な保険料で備えたい方
  • 医療保険の保障内容を自由に
    カスタマイズしたい方
保障内容はこちら

女性特有の病気(ガンを含む)による入院は、
さらに上乗せ保障される
女性のための医療保険

こんな方におすすめ!

  • ガンや女性特有の病気に
    医療保険で手厚く備えたい方
  • 医療保険の保障内容を自由に
    カスタマイズしたい方
保障内容はこちら

入院・手術はもちろん、放射線治療や入院前後の通院・
在宅医療までワンセットで備えられる新しい治療保険

こんな方におすすめ!

  • 幅広い保障をひとつの医療保険で備えたい方
  • ひと月ごとの治療費をシンプルに備えたい方
保障内容はこちら

医療保険とは

医療保険とは、病気やケガで入院・手術をした場合に給付金が受取れる保険です。
公的保障のみでは不足がちな治療費を補てんすることができます。
医療保険の中には女性特有の病気に手厚い女性向けの医療保険などもあります。

近年の入院事情

ポイント1

入院日数は短期化しています

最近は医療技術の進歩により入院日数が短くなっており、
患者の約84.4%が30日以内で退院しています。

  • 一般病床のみの入院平均日数
  • 入院日数の分布
一般病床のみの入院平均日数
出典:厚生労働省「平成29年 病院報告」 出典:厚生労働省「平成29年 患者調査」
ポイント2

入院1日あたり平均2万円以上かかります

病気やケガの治療費は健康保険などで一部の自己負担で済みますが、入院するための日用品の購入や
差額ベッド代、入院中の食事代などは全額自己負担になるため、短期の入院であっても経済的な負担は
大きくなることがあります。

  • 入院1日あたりの自己負担費用
入院1日あたりの自己負担費用
出典:生命保険文化センター「令和元年度 生活保障に関する調査」
※治療費・食事代・差額ベッド代に加え、交通費(見舞いに来る家族の交通費も含む)や衣類、日用品などを含む。
高額療養費制度を利用した場合は利用後の金額。
ポイント3

7大疾病による入院は長引くこともあります

「ガン」「糖尿病」「高血圧性疾患」「脳血管疾患」「心疾患」「肝疾患」「腎疾患」などの7大疾病による
入院は長引く場合もあり、全入院患者数の約30%の方が7大疾病が原因で入院しています。
また、近年問題になっているストレス性疾病※で入院した場合は、入院日数がさらに長期化して費用がかさむ
おそれがあります。

  • 疾病ごとの平均入院期間
疾病ごとの平均入院期間
出典:厚生労働省「平成29年 患者調査」
  • ストレス性疾病とは統合失調症、統合失調症型障害および妄想性障害/気分[感情]障害/神経症性障害、ストレス関連障害および身体表現性障害/摂食障害/非器質性睡眠障害/胃潰瘍/十二指腸潰瘍/潰瘍性大腸炎/過敏性腸症候群/更年期障害をいいます。

日帰り入院はもちろん
長期化が心配な入院にも備えられる、
一生涯保障の医療保険

保障内容はこちら

入院・手術はもちろん、放射線治療や
入院前後の通院・在宅医療まで
ワンセットで備えられる新しい治療保険

保障内容はこちら

在宅医療とは

在宅医療とは、病気や障害などで通院が難しい場合に自宅等で行う治療のことを指し、
外来医療・入院医療についで第三の医療と呼ばれています。
地域の医師、がんの治療や緩和ケアを専門とする医師、看護師、作業療法士、理学療法士らが
訪問して行う訪問診療、訪問看護、訪問リハビリテーションなどが「在宅医療」に入ります。
在宅医療の大きなメリットは、住み慣れた自宅などで気兼ねなく療養を受けられることです。

女性の罹患事情

ポイント1

女性の患者数は、男性の患者数の約1.32倍

女性には、妊娠・出産に伴うトラブルをはじめ、「骨粗しょう症」「甲状腺障害」「メニエール病」
などの病気のリスクは男性よりも高い傾向があります。
※出典:厚生労働省「平成29年 患者調査」

  • 病気罹患率の男女比
男性と比べて女性がかかりやすい病気があります。
病気罹患率の男女比グラフ
出典:厚生労働省「平成29年 患者調査」
  • 平均入院日数
女性がかかると重症化しやすい病気もあります。
平均入院日数グラフ
出典:厚生労働省「平成29年 患者調査」
ポイント2

女性特有の病気にかかるリスクもあります

女性には「子宮筋腫」「乳ガン」など、女性特有の病気にかかるリスクがあります。
特に、子宮や乳房のガンのリスクは20代から高くなっていくため、早めのそなえが必要です。

  • 女性疾病の年齢階級別患者数
女性疾病の年齢階級別患者数
出典:厚生労働省「平成29年 患者調査」
  • 女性のガン罹患部位別ランキング
女性のガン罹患部位別ランキング
出典:国立がん研究センター「最新がん統計」

女性特有の病気(ガンを含む)による入院は、
さらに上乗せ保障される
女性のための医療保険

保障内容はこちら

チューリッヒ生命カスタマーケアセンター

0120-680-777

月~土午前9時~午後6時 ※日曜・祝日は除く

保険に関するご質問・ご相談など
お気軽にお電話ください。
専門のオペレーターが丁寧にお応えします!

専門のオペレーターが丁寧にお応えします!

チューリッヒ生命の商品を相談できる全国の保険ショップを検索・予約できます

チューリッヒ生命について

チューリッヒ生命は、スイスのチューリッヒ市を本拠に1872年に設立され、世界215以上の国と地域で損害保険および生命保険の商品・サービスを幅広く提供する、チューリッヒ・インシュアランス・グループの一員です。チューリッヒ・インシュアランス・グループは、総資産約4,047億USドル(2019年)、およそ55,000人の従業員を有する世界有数の保険グループです。

チューリッヒ・インシュアランス・グループについて詳しくはこちら

チューリッヒ生命の保険商品

このページの情報は商品の概要を説明しています。詳しくはご契約に関する重要事項(契約概要・注意喚起情報)、ご契約のしおり・約款 を参照ください。

保険に関するご質問・ご相談は、お気軽にお問合せください

保険のお申込み・資料請求に関するお問合せ

チューリッヒ生命カスタマーケアセンター

0120-680-777

月~土午前9時~午後6時 ※日曜・祝日は除く

よくあるご質問

保険金・給付金の請求、各種変更手続きのお問合せ

ご契約者様向けダイヤル

0120-236-523

月~土午前9時~午後6時 ※日曜・祝日は除く

漏れなくご請求いただくために

ご契約者様への無料サービス

チューリッヒ生命のご契約者様・被保険者様とそのご家族の方にご利用いただける様々なサービスをご用意いたしました。

チューリッヒ生命Club Off

さまざまなサービスを優待価格でご利用いただけます。

サービスを詳しく見る

メディカルサポートサービス

健康や病気に関するお悩みをサポートいたします。

サービスを詳しく見る

メンタルヘルスサービス

精神的な悩みやこころの問題について、カウンセリングを無料で受けられます。

サービスを詳しく見る

Doctors Me
専門家に相談できる、オンライン健康相談サービスです。

サービスを詳しく見る


  1. Club Offに関する各サービスは株式会社リロクラブより提供されます。メディカルサポート・メンタルヘルスサービスに関する各サービスは株式会社ライフケアパートナーズにより提供されます。Doctors Meに関する各サービスは株式会社アドメディカより提供されます。それにより生じた損害・損失については当社で責任を負いかねます。
  2. 各サービスのご利用については一定の条件がございますのでご利用の際に各サービスのご利用方法・条件をご確認ください。
  3. 各サービスは予告なく変更される場合があります。あらかじめご了承ください。