終身治療保険プレミアムDX

こんなお客様から選ばれています!

研修資料/顧客提示不可
当該資料は研修資料であり、顧客提示の上保険募集資料として使用することはできません。
  • 長期治療への備え
  • 医療保険への上乗せ提案
  • 働けなくなるリスク

お手ごろな保険料で入院前から退院後にも続く通院や在宅医療など

長期の治療に備えたいお客様へのご提案!

ターゲット

若年層(20~30代)

推奨プランイメージ

満30歳 男性の場合

保険料

基準給付月額10万円(手術Ⅱ型)、終身払、月払保険料例

実際にご販売いただいた募集人様に聞きました!

  • ●通院後24ヶ月~の保障期間が決め手

    • ・慢性疾患(糖尿病等)の長期的かつ継続的な通院治療に対して準備
    • ・既加入の医療保険では、最長でも退院後180日までしか保障がなかったため
  • ●入院日数が短期化し、治療の傾向が通院や在宅医療がメインになってきているため

    • ・治療が長期化すれば、通院・在宅医療の方が支払額が多くなると考えたため
    • ・合理的に既加入保険に上乗せができる

短期化する入院で変わる治療事情

医療技術の進歩等により、入院日数は年々短期化しています。
今後は多様化する治療方法や退院後の通院治療などへの備えを考えることが大切です。

入院日数の分布
退院後の通院患者推移,在宅医療を受けた外来患者推移

一般的な医療保険にご加入中のお客様で「入院」よりも、

長引く「通院保障」に備えたいお客様へのご提案!

ターゲット

医療保険既契約者(40代~)

推奨プランイメージ

満40歳 男性の場合

保険料

基準給付月額10万円(手術Ⅱ型)、入院免責日数特約(540日)付加、終身払、月払保険料例

実際にご販売いただいた募集人様に聞きました!

  • ●保険料の安さ・既加入保険への上乗せ提案

    • ・入院免責プランにする事により、保険料をおさえる事ができた(免責540日型)
    • ・既加入保険は入院保障60日型が多いので、重複する部分は保障を外すことができた(免責60日型)
    • ・保障が重なる部分は保険料を抑えることができるので、合理的にお客様への提案ができたため
すでにご加入の医療保険(仮定)
  • 入院給付日額:10,000円
  • 支払限度日数:60日型
  • 手術給付金:10万円
  • 保険料払込免除:有
  • 先進医療給付金:有
終身治療保険プレミアムDX
  • 主契約:基準給付月額10万円
  • 入院免責日数:540日

※先進医療は既加入保険と重複する為付加無

働けなくなるリスクが心配なお客様へのご提案!

ターゲット

医療保険既契約者(40代~)

推奨プランイメージ

満45歳 男性の場合

保険料

基準給付月額5万円(手術Ⅱ型)、入院免責日数特約(540日)付加、終身払、
収入サポート特約10万円(65歳満了)、月払保険料例

実際にご販売いただいた募集人様に聞きました!

  • ●入院時に発生する収入減を合理的に補填できる

    • ・働けなくなったとき、毎月の給付金で生活費をサポート
    • ・短期的な療養については短期収入サポート月額給付金でカバー
    • ・所定の障害状態等に該当した場合は長期収入サポート月額給付金に切り替わるので、家計への負担もカバーできる

所定の療養状態障害状態等に該当したとき
月額給付金をお支払いします

給付金 支払事由 給付金額

短期

短期収入サポート
月額給付金

病気・ケガで同一の月に10日以上療養状態入院・自宅療養)に該当されたとき

長期収入サポート給付月額
×0.5

※通算60回まで

長期

長期収入サポート
月額給付金

つぎのいずれかに該当したとき

  • ①所定の高度障害状態に該当したとき(傷害または疾病を原因として)
  • ②事故の日からその日を含めて180日以内に所定の身体障害状態に該当したとき(不慮の事故による障害を直接の原因として)
  • ③障害等級1級または2級に認定され障害基礎年金の受給権が生じたとき(傷害または疾病を原因として)
  • ※精神の障害は1級のみ

長期収入サポート給付月額
10万円/20万円/30万円

※被保険者が生存している限り、保険期間満了まで
※生存支払保証期間:2年