保険のご検討・資料請求ダイヤル

0120-680-777

契約内容照会・給付金等のご請求

0120-236-523
月~金
9:00~19:00
9:00~18:00 ※日祝除く

ご契約者様メールマガジン Vol.21(2019年1号)|2019年3月発行

ZURICH mail magazine 2019. vol.01(Vol.21) logo Vol21
イメージ

ライフスタイルやカルチャー、そして私たちの発祥の地スイスのこと。
保険だけでなく、お客様の生活に寄り添った情報をお届けするメールマガジンです。
お客様の日常に、少しでも役立つ“発見”をお届けできれば幸いです。

今回から、弊社商品企画部の担当者がリレー形式で執筆していく「TOPICS」のコーナーをスタートいたします。ぜひ、ご一読ください。
TOPICS がんの治療法が変わる!?「がん遺伝子パネル検査」が保険適用に

複数の遺伝子を調べ治療法を見出す「がん遺伝子パネル検査」

はじめまして、チューリッヒ生命・商品企画部のY.Kです。商品企画部では、新商品の企画だけでなく、最新の医療動向も調査しています。最近、「がん遺伝子パネル検査」の記事がメディアを賑わせています。これについて簡単にご紹介したいと思います。

みなさんは「がんゲノム医療」という言葉をご存知でしょうか。「ゲノム」という単語だけは聞いたことがある、知っているという方もいらっしゃると思います。 「ゲノム」とは、人間の身体を作るための設計図、遺伝情報の全体を意味するもので、一人ひとり異なっています。「がんゲノム医療」とは、主にがんの組織を用いて複数の遺伝子を調べ、遺伝子変異を明らかにすることによって、患者さん個々にあった治療を行なう医療のことです。
その治療を行なう上で欠かせない検査が「がん遺伝子パネル検査」なのです。

「がん遺伝子パネル検査」とは、がん患者さんの遺伝子変異を調べる検査です。この検査結果に基づいて、患者さん一人ひとりに対する有効な抗がん剤などの治療法がわかります。「プレシジョン・メディスン(Precision Medicine)(精密医療)」とも呼ばれ、より効果的で効率的な治療が可能になると期待されています。

保険適用になれば患者の負担が軽減一人ひとりに合った治療法がわかる

この「がん遺伝子パネル検査」は、先進医療の対象となり、検査費用は全額自己負担となります。今後、これが保険適用になることで、検査費用の自己負担割合は3割で済むようになります。「がん遺伝子パネル検査」が保険適用されれば、多くの患者さんが自身に有効な治療法を知ることができ、治療の選択肢が広がるでしょう。

一方、「がん遺伝子パネル検査」によって示された有効な治療法が保険適用外(自由診療)の抗がん剤であるという結果が出た場合、抗がん剤治療が保険適用外となり高額な治療費がかかる可能性があります。こういった場合、患者申出療養などの制度を活用して、患者の金銭的な負担を減らす方策も検討されていますが、それでも治療費が高額となるケースが出てくる点には注意が必要です。
この経済的負担に対応するためには、患者申出療養制度の費用を保障する保険への加入や、日本における未承認の抗がん剤の治療費用を保障する保険に加入する、などの対応が必要です。

それでも、「がん遺伝子パネル検査」で個々の有効な治療法を知ることは、不要な投薬を減らすことができ、患者さんの身体的・精神的負担はかなり軽減されることになるでしょう。
そして、この検査が普及し、がんに関連する遺伝子変異についてのデータが蓄積していくことで、新薬開発に貢献することも期待されています。

イメージ

このような「患者さん一人ひとりに対して有効な治療法を知ることができる」という新しいがん治療のかたちは、数年後にはスタンダードな治療方法になっているかもしれませんね。

ダイエットや病気の予防などにも「遺伝子検査」が活用されている

ところで、がん治療目的ではなく、ダイエットや病気の予防目的のための「遺伝子検査」も最近では話題になっています。これは、血液だけではなく唾液でも簡単に調べられることから、身近な検査となりました。また、一般的に「遺伝子検査」の費用は安くなっており、自身の将来の病気等のリスクを調べようとする人は増えています。
しかし、最近の研究によると、がんになる理由は、遺伝的要素よりもウィルスや食生活、喫煙などといった後天的な理由による遺伝子変異が原因であるケースが多いと言われています。がんを未然に防ぐためには、なによりも日頃からの自身の健康管理、生活習慣の管理が重要と言えるでしょう。

* 2019年1月末日時点の情報に基づいて執筆しています。
* 先進医療・患者申出療養などの詳細は、厚生労働省のホームページをご覧ください。
参照:
> 厚生労働省 先進医療概要
> 厚生労働省 患者申出療養

チューリッヒ生命商品企画部 Y.K
温泉にアクティビティイベントと魅力いっぱいこんどの休みはスイスへ行こう

アルプス山脈に抱かれるスイスは、豊かな水、そして実は温泉の国でもあります。アルプスが色づく春から夏は、ハイキングやトレッキングなどのアクティビティに最適の季節。アクティビティで疲れた体には、大自然の景色を眺めながら温泉でゆったりとリラックスするのがお勧めです。

アクティビティとともに温泉を満喫
ロイカーバート Leukerbad

ロイカーバート Leukerbad

ローマ時代以来の歴史をもつ名湯の里で、スイス屈指の温泉保養地。マッターホルンをはじめ、4000m級の山々が連なり、アルプスの心臓部ともいわれるヴァレー地方にあります。ホテルのほかに公共の温泉施設もあり、「ロイカーバート・テルメ」では、目の前に岩山を望む屋外プールをはじめ10のプールで温泉を楽しめます。夏はハイキングに加え、ロープウェーで標高2314mのゲンミ峠まで足をのばすのもおすすめ。7月最終日曜日には、羊飼いと1000頭を超える羊が山上湖のほとりに集まる「ゲンミ峠の羊飼い祭り」が行われます。

バート・ラガッツ Bad Ragaz

バート・ラガッツ Bad Ragaz

中世に修道院の敷地内にあるタミナ峡谷で発見された源泉を引き込み、19世紀以降、サナトリウムとして発展してきた温泉保養地。『アルプスの少女ハイジ』にも登場します。ふたつの5つ星ホテルを擁するスパリゾート「グランド・リゾート・バート・ラガッツ」が有名です。源泉であるタミナ峡谷の入り口までは、ポストバスで約15分。そこから峡谷内に遊歩道が続いています。バート・ラガッツの隣村はハイジの物語の舞台であるマイエンフェルト。ハイジゆかりの場所を訪ねるハイキングコースが人気です。

バーデン
【Baden】
地名は複数の温泉を意味し、その温泉はスイス有数の高濃度のミネラルを含むといわれます。チューリッヒの街や空港から近いというロケーションも魅力。
イヴェルドン・レ・バン
【Yverdon-les-Bains】
ヌーシャテル湖西端にあり、紀元前のケルト時代以来の歴史をもつとされる温泉地。屋内・屋外のプールで温泉を楽しめるほか、レストランなども併設する温泉センターが人気です。
シュクオール
【Scuol】
オーストリア国境近くにある秘湯の里。村内には飲泉場が点在し、中心には温泉センターがあります。ロープウェーで行くモッタ・ナルンス展望台周辺ではハイキング、サイクリングなどを楽しめます。

2019年春夏の注目イベントもチェック!

スイスは、「温泉」のほかにも、世界遺産や大自然、食文化など観光の楽しみが充実。 様々なイベントも催されています。

レマン湖畔の町・モルジュに咲き誇るチューリップ
3/30-5/5
モルジュ
【Morges】
チューリップ・フェスティバル
【Fête de la Tulipe / Tulip Festival Morges】
レマン湖畔の町に約300種類12万本のチューリップが咲き誇ります。会場は、目の前にレマン湖とフレンチアルプスを望むアンデパンダンス公園。
6/7-6/10
アスコーナ
【Ascona】
大道芸人フェスティバル
【Festival Artisti di Strada】
イタリアとの国境であるマッジョーレ湖を代表するリゾート地で毎年開催されるイベント。街の各所でパントマイムや音楽などの路上パフォーマンスを無料で楽しめます。
6/13-6/16
バーゼル
【Basel】
アート・バーゼル
【Art Basel】
毎年6月に開催される世界最大級の現代アートフェア。巨匠から若手まで約4000人のアーティストの作品が揃います。会期中はアートに関するイベントやセカンドフェアも開催されます。
7/5-7/7
チューリッヒ
【Zürich】
ツーリ・フェシュト(チューリッヒ・フェスティバル)
【Züri Fäscht】
1951年に始まった夏祭りで、1991年からは3年に一度開催されています。旧市街からチューリッヒ湖岸まで300を超える屋台が並び、ステージパフォーマンスや移動遊園地も楽しめます。
※2019年開催予定
7/18-8/11
ヴヴェイ
【Vevey】
フェット・デ・ヴィニュロン(ワイン生産者の祭り)
【Fête des Vignerons】
18世紀から100年に約5回のペースで開催され、ユネスコ無形文化遺産にも登録されている祭り。古代の円形劇場のような舞台で、約4000〜5000人がワインをテーマにしたパフォーマンスを行います。
※2019年開催予定

チューリッヒ生命からのお知らせ

今年のGWは大型連休になります。お早めの手続き・ご連絡をお願いいたします

4月28日(日)から5月6日(月・振休)までの期間は、弊社コールセンターもお休みとさせていただきます。
大変恐縮ですが、お問合せやお手続きはお早めのご連絡をお願いいたします。
また、振替金融機関(銀行等)も休業となることから、4月の口座振替日(毎月27日)は翌月5月7日(火)となります。
引き落としが重なり、保険料が引き落としできない場合もありますので、口座残高には十分にご注意ください。

> 詳しくはこちら

転居される際の、住所変更のご連絡はお忘れなく

毎年3月、4月は、転勤、転居の多い時期です。
弊社からの大切な通知物をお届けするためにも、住所のご変更手続きをお願いいたします。
なお、住所変更のお手続きはインターネットからのお申出が便利です。
お手元に保険証券(または証券番号の印字された通知)をご準備のうえ、弊社Webサイトからお手続きください。

> 各種お手続方法のご案内

保険金・給付金等のご請求の際は、お手元に保険証券をご準備のうえ、
コールセンターまでご連絡ください

連休明けの5月7日(火)は、電話やお支払い手続きが大変混雑する事が予測されますので、
大変恐縮ですが、お早めにお問合せやお手続きをいただけますよう、お願いいたします。

> 保険金・給付金等のお手続き、お支払いに関するご照会

※ メールアドレスを変更された場合は、お問合せよりご連絡をお願いいたします。
※ 掲載内容はすべて、配信当時のものです。

保険をご検討中のお客様

マイページ(Z-Life)ログイン

Z-Lifeとは、保険料のシミュレーションや商品のお申込み、資料のご請求がおこなえる保険をご検討中のお客様向けのサービスサイトです。

ご利用いただける機能

  • お客様情報の確認・変更
  • お申込み内容の確認
  • 申込途中保存の再開
  • お問合せ(メール)

ご契約者様

お客様専用ページ(My Zurich)ログイン

My Zurichとは、ご登録されている住所の変更や契約内容の照会、控除証明書の再発行のお手続きが簡単におこなえる、ご契約者様向けのサービスサイトです。

ご利用いただける機能

  • 住所変更
  • 控除証明書再発行
  • 契約内容照会

※My Zurichは、チューリッヒ保険が提供している、ご契約者様専用ページです。