保険のご検討・資料請求ダイヤル

0120-680-777

契約内容照会・給付金等のご請求

0120-236-523
月~金
9:00~19:00
9:00~18:00 ※日祝除く

緊急事態宣言をうけ、当社コールセンター部門の在宅勤務率7割超に

2020年4月28日

~~当社社員の在宅での取り組み~~

 チューリッヒ生命は、4月7日の緊急事態宣言の発令を受け、新型コロナウイルスの感染リスクの低減、感染拡大・集団感染の防止等を目的に在宅での勤務を推進しています。これらには、お客様からのお問合わせの応対や、保険金のお支払いをする担当社員も含まれており、当該部門のおよそ75%が在宅で勤務を行っています。

社内風景
社内風景(2020年4月21日)

 当社は2018年度から「在宅勤務の制度強化」を推進しており、2019年12月に全社員が在宅勤務可能な体制を整えました。
 コールセンター部門においては、お客様から当社にいただいたお電話を記録する方法や、在宅で行うための機器を揃えるなど、インフラ面が課題となっていました。そこで、通話内容は従来通り社内サーバーで記録しながらも、いただいたお電話をスマートフォンに迂回させて音声受発信を行うシステムを導入しました。また、自社でコールセンターを運営しているため機器の手配などを迅速に行うことができ、在宅での勤務を可能にしました。さらに、全社で取り組んでいるペーパーレス化によりパンフレットやマニュアルなども電子化していることで、自宅でも商品内容の確認などを容易にしています。

 在宅勤務ではオフィスへ出社をしての勤務状態と環境が異なるため、これまで感じてこなかったストレスを感じています。当社社員はそれぞれ独自の工夫凝らして業務に携わっています。

30代 男性社員 コールセンター部門勤務

 在宅勤務では目の前の景色が殺風景になってしまうため、モニターの横に観葉植物を置いて色をつけています。また、どうしても運動不足になりがちですので、通勤時間がない分、早朝に近所の公園に散歩してストレッチするなど意識的に体を動かすように気をつけています。

自宅の画像