保険のご検討・資料請求ダイヤル

0120-680-777

契約内容照会・給付金等のご請求

0120-236-523
月~金
9:00~19:00
9:00~18:00 ※日祝除く

多様な働き方や働く場所の実現に向けて人事制度を改定

~通勤定期代の廃止、在宅勤務手当を5,000円支給等~

2020年12月16日

 チューリッヒ生命は、ワークライフバランスや柔軟な働き方のみならず、働く場所の選択肢を広げるべく、当社の就業規則およびフレックスワークガイドラインの一部改定を行い、「通勤定期代の廃止」と「在宅勤務手当(5,000円)の支給」を2021年1月1日より開始します。

 当社は新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染拡大を受けて、在宅勤務を中心とする就業体制に移行しておりますが、今回の就業規則改定により、暫定措置であった在宅勤務の回数制限を撤廃します。

 これに伴い、これまで通勤費用として定期代を支給していましたが、実費精算の形式に変更します。また、在宅勤務にかかる費用(光熱費など)を補助するため、在宅勤務手当として月額5,000円を全従業員へ支給します。

主な改定項目

  • 在宅勤務回数の上限撤廃。
  • 通勤費用の支給を定期代から実費精算に変更。
  • 会社が認めた場合の新幹線・特急列車を使用した通勤費。
  • 在宅勤務手当を月額5,000円支給。(残業代および欠勤単価計算に換算する)

 当社は、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)が終息した後も、社員が柔軟な働き方や自由な働く場所の選択を実現するため、今後も制度を発展させていきます。