「保険セレクト」ストーリー  ~お客様インタビュー~

A様(男性・40代)若い頃からチューリッヒ生命のガン保険に入っていましたがこのたび保険を見直すことに。インターネットで他社の保険を調べ、保険ショップで相談し、そして最終的に選んだのは?
電話・資料請求でお申込み
◆家族構成
:単身
◆加入プラン
:My終身ガン保険
《主契約》ガン保険(2007)
《主な特約》ガン先進医療特約
※2014年12月1日より「My終身ガン保険」に代わり「終身ガン治療保険プレミアム」を販売しております。

生涯つきあう保険をどうするか。選択のポイントは給付金の請求でした。

母のガンの治療費、生命保険が助けに

私が20代の頃に母がガンになりまして、治療にあたって当時母が加入していた保険が大きな助けになりました。母は亡くなりましたが、このことがきっかけでガン保険の必要性を強く感じ、自分で調べてチューリッヒ生命のガン保険に加入しました。10年更新のガン保険に入り、その更新が2回目を迎える頃、自分の今後のライフスタイルを考えると終身タイプのガン保険に切り替えたほうがいいだろうと判断しました。定期タイプは、保険料は安いけれども更新の度に保険料が上がるし、このまま歳を重ねれば健康を損なうリスクも高くなります。終身タイプに移行するなら、健康の不安がない今が最適だと思いました。

保険の比較・検討はインターネットを活用

保険の切り替えにあたってはゼロから考えました。チューリッヒ生命だけではなく、他社の保険のことも知りたいと思い、街の保険ショップに行って相談もしました。

私はホテルの警備員をしています。就業時間が不定期のため、保険を検討する上で役だったのはインターネットです。チューリッヒ生命も含め、他社のホームページも閲覧しましたが、チューリッヒ生命は商品の内容が見やすい印象でした。私は今回、電話をして資料を請求しましたが、ホームページで申込みまでできるようになっているのは便利だと思います。

保険は生涯のパートナー選び

いろいろな保険商品を検討しましたが、結局、チューリッヒ生命を継続することにしました。他社と比べて保険料の差があまり出なかったということもありますが、大きな理由は、給付金の請求時にチューリッヒ生命の対応が良かったから。実は、数年前に大腸に良性の腫瘍ができて切除手術を受けまして、この時、チューリッヒ生命に給付金の請求をしました。手続きについて大変わかりやすく、ていねいに対応いただいたのが印象に残っていたのです。

私の今回の保険の見直しの基本的な考えは、生涯つきあえる保険かどうか。加入を決めたチューリッヒ生命のプランは、保険料と保障内容のバランスが取れた内容になりました。もし、また給付金を請求するような事が起こった時も安心できる。これも保険選びの大切な要素だと思います。

当社のご契約者様より無作為にご案内をさせていただき、ご協力にご了承いただいたお客様にインタビューを行っております。 掲載内容につきましては、お客様にお聞きした内容をそのまま掲載させていただいております。あくまで個人の経験と主観に基づくご意見・ご感想です。