チューリヒ美術館展
「CAFE ZURICH “LIFE”」イベントレポート

チューリッヒ生命は、メセナ活動の一環として、2014年9月25日から国立新美術館で開催された日本・スイス国交樹立150周年記念事業「チューリヒ美術館展-印象派からシュルレアリスムまで」へ協賛を行いました。また、チューリヒ美術館展をより楽しんでいただき、スイスに親しみを持っていただくために、国立新美術館において、「CAFE ZURICH “LIFE”(カフェ チューリッヒ・ライフ)」を開催いたしました。

話題の美術展「チューリッヒ美術館展-印象派からシュルレアリスムまで」へ協賛

2014年はスイスと日本の国交樹立150周年を迎えた記念すべき年で、スイスや日本の各地でさまざまな記念イベントが開催されました。その記念事業のひとつとして、9月25日より国立新美術館で開催された「チューリヒ美術館展-印象派からシュルレアリスムまで」は、スイスが誇る美の殿堂チューリヒ美術館から、印象派を代表する画家モネが晩年に手がけた幅6メートルにおよぶ睡蓮の大作、セザンヌ、ゴーギャン、ルソーらポスト印象派の画家たちの代表作、ホドラーやヴァロットン、クレー、ジャコメッティといったスイスゆかりの作家による珠玉の作品群、カンディンスキーやモンドリアンら抽象絵画の名作、さらに、ムンク、マティス、ピカソ、シャガール、ミロ、ダリといった20世紀美術の巨匠たちの至宝など、世界屈指の近代美術のコレクションの全貌が日本で初めて紹介され大変話題となりました。かねてからチューリヒ美術館とも深い親交があるチューリッヒ・インシュアランス・グループの一員であるチューリッヒ生命は、この美術展の開催をサポートいたしました。なお、「チューリヒ美術館展―印象派からシュルレアリスムまで」を観覧に約30万人が国立新美術館に来場し、大変話題となりました。

スイスを食べる・知るカフェ・イベント「CAFE ZURICH “LIFE”」を開催

さらに、この美術展をより一層盛り上げるとともに、日本の皆さまへスイスを身近に感じていただける機会を提供することで、スイスと日本の国交樹立150周年を祝福し、スイスと日本のさらなる友好関係の発展の一助となるべく、国立新美術館の1F「カフェ コキーユ」と3F「ブラッスリー ポール・ボキューズ ミュゼ」においてカフェ・コラボレーション企画「CAFE ZURICH “LIFE”(カフェ チューリッヒ”ライフ”)」を11月7日より2週間にわたり開催いたしました。

「CAFE ZURICH “LIFE”(カフェ チューリッヒ”ライフ”)」は、「国立新美術館でスイスの芸術と食に出会う1日」をコンセプトに、開催期間中、オリジナルフードやドリンク、スイスに関する情報のご提供などを行いました。1Fの「カフェ コキーユ」では、「チューリヒ美術館展」で話題のアンリ・ルソーの≪X氏の肖像(ピエール・ロティ)≫をイメージしたラテ・アートが施されたカフェラテや、クロード・モネの≪睡蓮の池・夕暮れ≫とパブロ・ピカソの≪大きな裸婦≫の作品をイメージしたサンドウィッチ、スイスを代表するチョコレートブランド、リンツ社の「フォンダン・オ・ショコラ」などをご提供し、大変ご好評いただきました。さらに、「カフェ コキーユ」および「ブラッスリー ポール・ボキューズ ミュゼ」では、スイスにおいて全生産量の約1%しか輸出されない稀少なスイスワイン(赤・白)を数量限定で特別にご提供し、大変話題となりました。


<オリジナルフード&ドリンク一例>

■「CAFE ZURICH “LIFE”」オープニング・レセプション

「CAFE ZURICH “LIFE”(カフェ チューリッヒ”ライフ”)」は、日本・スイス国交樹立150周年記念事業として正式に認定されたイベントです。開催にあたり、11月6日に国立新美術館「ブラッスリー ポール・ボキューズ ミュゼ」において、オープニング・レセプションが行われました。オープニング・レセプションには、駐日スイス大使 ウルス・ブーヘル閣下や在日スイス商工会議所会頭 マーティン・フルック氏にご出席いただき、ご祝辞を賜りました。また、ブーヘル閣下より日本・スイス国交樹立150周年記念事業の認定証の授与が行われました。

<チューリッヒ生命 日本における代表者 太田健自からご挨拶>

皆さん、こんばんは!チューリッヒ生命の太田でございます。本日は、「カフェ チューリッヒ”ライフ”」のオープニング・レセプションにお集まりいただきまして、誠にありがとうございます。また、駐日スイス大使ブーヘル閣下ご夫妻、在日スイス商工会議所フルック会頭、スイス政府観光局クレール局長、お忙しい中、ご臨席いただきまして、心より御礼申し上げます。

続きを読む

<駐日スイス大使 ウルス・ブーヘル閣下からいただいたご祝辞>

皆さま、こんばんは。
私は、これまで様々な展覧会を鑑賞してまいりましたが、ここ国立新美術館にて開催されておりますチューリヒ美術館展には驚嘆を禁じえません。展覧会におきましては、「これぞ名作」とは言えないような作品を散見することもございますが、この展覧会はまさしく「代表作」だけを披露しているという点で、他に例がなく、圧巻そのものです。スイスが誇る美の殿堂チューリヒ美術館のコレクションを日本とスイスの国交樹立150周年の記念行事のひとつとしてご披露できますことは、たいへん誇らしいことです。

続きを読む

<在日スイス商工会議所会頭 マーティン・フルック氏より乾杯のご挨拶>

スイス商工会議所を代表し、国立新美術館における「カフェ チューリッヒ”ライフ”」のオープニング・レセプションに参加でき、大変嬉しく思っております。2014年は、スイスと日本の国交樹立150周年を祝う、スイスにとってとても重要な年です。

続きを読む