チューリッヒ生命の終身ガン保険

  • ガン治療は入院から通院の時代へ!
  • 高額になりがちな自由診療を基本保障(主契約)でサポート
  • 新しい形のガン保険 終身ガン治療保険プレミアム
  • Standard & Poor's AA-(安定的) *チューリッヒ・インシュアランス・グループについての内容です。
  • ソルベンシーマージン比率 1,315.9% (2017年3月31日現在)
  • 安心の日本での実績 2016年で20周年

終身ガン治療保険プレミアム 保険料&保障内容例

  • 保障内容:基準給付月額20万円
  • 保険期間・保険料払込期間:終身/お申込可能年齢:満6歳〜満80歳
  • 口座振替・クレジットカード支払/月払

記載の保険料は2018年4月2日現在のものです。

主契約

  • *1 欧米で承認された所定の抗がん剤・ホルモン剤のうち、「抗がん剤・ホルモン剤治療給付金」の支払われない抗がん剤・ホルモン剤が処方・投与される入院または通院をしたとき
  • *2 基準給付月額の2倍、通算12ヶ月限度

保障の特長

長引くガン治療にも月々の保障で安心!長く続く安心を保障します

ガン治療にかかる費用を、治療費と生活費の2階建てで考えます。
月々の治療費の額に関わらず、毎月一定の金額が給付されます。

例)基準給付月額が20万円で1ヶ月の治療費が10万円の場合、残りの10万円は生活費として活用できます。

ガン治療の可能性が広がる所定の自由診療もサポート

ガンの進行度によって変わる治療方法

ガンの病期(ステージ)別の治療法(大腸ガンの場合)イメージ図

ガンの治療には、大きくわけて「手術療法」「放射線治療」「化学療法(抗がん剤・ホルモン剤など)」の3種類があります。ガンの種類や病期(ステージ)、患者の要望を考慮して、未承認薬を用いたり、緩和ケアを行うなど、医師と相談しながら最善の治療を選びます。

次の抗がん剤への期待

ガン治療費全体に対する通院治療費の割合のグラフ

最初に使っていた抗がん剤が効かなくなってきたときに、医師から「次の抗がん剤がある」と知らされると7割近くの患者は、ガン治療の選択肢が広がり意欲がわいてくるそうです。

日本で抗がん剤が承認されるまで

日本で抗がん剤が承認されるまで(イメージ)

欧米で承認された薬剤などを、日本で承認されるまでの期間に使用する場合、健康保険等が適用されない全額自己負担の「自由診療」扱いとなります。保険診療で治療を行うには一定の期間を要します。
いち早く新しい抗がん剤を使える「自由診療」の保障を基準給付月額の2倍の給付金額で備えられるので、今までは諦めてしまった治療法の選択肢も広がり、ガン治療に対する意欲もわいてくるでしょう。

だからチューリッヒ生命は…ガン治療にかかる月々の費用を一生涯保障します。

治療費+収入減少による補てん費・増額する生活費=ガンの治療費

月額約20万円の治療費用を通算2,000万円を限度に一生涯保障

※治療費(月額約10万円)+収入減少による補てん・増額する生活費の想定額

チューリッヒ生命の信頼

チューリッヒ生命はチューリッヒ・インシュアランス・グループの一員です。

  • 健全な財務体質
    4,421億USドル
    健全な財務体質
    世界中に多様な事業を展開しつつ、健全な財務体質を維持することで、現在の資産は約4,421億USドルに達しています。(2017年度)
    ※チューリッヒ・インシュアランス・グループについての内容です。
  • グローバルカンパニー
    210以上の国と地域
    210以上の国と地域
    世界210以上の国と地域で、損害保険および生命保険の商品・サービスを提供。
    140年の歴史
    スイスのチューリッヒ市を拠点に1872年の設立以来、世界有数の保険グループとして140年の歴史を刻んできました。
    ※チューリッヒ・インシュアランス・グループについての内容です。
  • 契約者様専用
    3つ特典
    チューリッヒ生命Club Off
    ご契約者様と家族に向けた会員優待価格サービス
    ※レンタカー割引最大60%OFF
    ※スポーツクラブ特別料金使用
    などその他数
    メディカルサポート
    ・ガン専用メンタルケアサービス
    ・健康・介護相談サービス
    ・セカンドオピニオンサービス
    メンタルヘルスサービス