Zurich(チューリッヒ生命) チューリッヒ生命 日本支店

ご契約者様向けサービスにAIチャットボットを導入


ご契約後の各種お手続きに関するお問合わせにおいて、お客様の利便性が向上

2018年6月20日

 チューリッヒ生命は、お客様がより便利に、気軽にお問合せをしていただけるよう、主にご契約後の各種お手続きに関する質問について、AI技術を用いた対話型自動応答システム(以下、「AIチャットボット」)を6月20日より導入、利用を開始いたします。

 AIチャットボットとは、お客様がチャット画面で入力した質問を、高い精度で理解し、自動かつスピーディに適切とされる回答を行うサービスです。

 

チャットボットサービスの特長

  • 1. AIチャットボットが24時間365日、自動かつスピーディに対応します

 ご契約後の各種お手続きに関するお問合せについて、従来のコールセンターでの対応に加え、AIチャットボットが24時間365日、自動かつスピーディに回答します。本サービス導入により、今までお問合せができなかった夜間および日曜・祝日の時間帯は、AIチャットボットが対応します。また、平日のチャット営業時間内であれば、AIチャットボットから有人チャットにシームレスに切り替え、さらに詳しいお問合せ対応も可能です。

  • 2. ご契約後の各種お手続きについて、自然な会話形式でご質問いただけます

 当社コールセンターへ多く寄せられる一般的なお問合せについては事前に回答を準備し、スピーディに適切な回答を行います。適切な回答がない場合には、オペレータが直接ご質問にお答えするチャットサービスに切り替えてのご利用が可能です。これにより、従来お客様ご自身でホームページ内をご確認いただく必要があったご不明点を、チャット画面上から簡単に解決できるようになります。

  • オペレータとのチャットはコールセンターの営業時間内の一部でご利用いただけます。

 

 なお、本サービスの提供にあたっては、ライブチャットソリューションとして株式会社セールスフォース・ドットコム(本社:東京都千代田区、代表取締役会長兼社長 小出 伸一)のカスタマーサービス支援のSalesforce Service Cloudのリアルタイム対話機能『Salesforce Live Agent』を、チャットボットソリューションとしてIBM Watsonをベースとした株式会社アイアクト(本社:東京都中央区、代表取締役 原田 淳)の『Cogmo Attend(コグモ・アテンド)』の2つのソリューションを採用いたしました。

 当社は、本チャットボットサービスを基盤として、お客様向けのお問合せ・サービスの向上や、代理店・募集人様向けの新たなコミュニケーションチャネルとしての展開を順次推進することで、今後もお客様を第一に考え、さらなる利便性向上を目指します。

 

▼ 当社ホームページ上のチャットご利用開始ボタン

当社ホームページ上のチャットご利用開始ボタン

 

▼ チャット画面イメージ

チャット画面イメージ

  • チャットの回答文は将来変更となる可能性がございます。

 

  • 株式会社アイアクトについて
    Digital Communication と Engineering で新しい価値体験を提供し続ける。をテーマに、顧客課題やニーズに応えた提案・コンサルティングと確かなプロジェクトマネジメントが強みです。大規模Webサイトの構築・運営、人工知能・コグニティブソリューションでのチャットボット開発等の提供、IoTシステム開発を手がけています。株式会社アイアクトに関する詳しい情報はhttps://www.iact.co.jpをご覧ください。

  • 株式会社セールスフォース・ドットコムについて
    グローバルでCRMをリードするセールスフォース・ドットコムは、企業が顧客と新しいカタチでつながることを支援します。詳細は、http://www.salesforce.com/jp/をご覧ください。

 

  • (注)IBM Watsonは、世界の多くの国で登録されたInternational Business Machines Corporationの商標です。
  • (注)「Cogmo(コグモ)」及び「Cogmo Attend(コグモ・アテンド)」は株式会社アイアクトの商標です。