適切なお支払いを行うための取組み


お支払い可否判断の妥当性を第三者の視点から客観的に検証する目的で、社外の弁護士、医師等を含むメンバーで構成した支払審査会を2006年10月に設置しました。
この支払審査会では、不払いと決定した判断の妥当性について客観的な検証を行っています。また、お客様からお支払いに関する異議申立てがあった場合についても支払審査会で審議するなど、お支払い決定に関し透明性が確保されるように努めています。