Zurich(チューリッヒ生命) チューリッヒ生命 日本支店

がん保険の選び方最新事情

その保障内容、古くなっていませんか?

「毎月の収入」をがん保険で補う賢い方法とは

 何年か前に加入したがん保険の保障内容をきちんと覚えている人はどれだけいるだろうか。医療の進歩に伴い、がん治療の方法も変化し続けている。時代に即した保険でなければ、いざという時に保障が受けられないこともありうるのだ。  では、今選ぶべきはどのようながん保険なのだろうか。がん保険の最新事情について、チューリッヒ生命商品企画部長の小沼健治さんと、同部の田中彩さんに伺った。

チューリッヒ生命 商品企画 部長 小沼 健治
チューリッヒ生命 商品企画 部長 小沼 健治

 生命保険文化センターの調査によれば、日本におけるがん保険の加入率(平成25年度)は、全世代平均で37.3%。ただ、一家を支える30代~50代、いわゆる働き盛りの世代のがん保険加入率は4割を超え、他の世代よりも高くなっている。  しかし、「既にがん保険に加入している人であっても安心とはいえません。がんの治療法は進化しており、現在のがん治療に即していない保険では保障が不十分ということも考えられるからです」(田中さん)

 現代のがんの治療法において代表的なものは、手術療法、放射線治療、抗がん剤やホルモン剤などの化学療法の3つが挙げられる。一昔前までは、これらの治療は入院によって行われていたため、ある程度の入院期間が必要とされた。しかし、近年、医学の進歩によって、抗がん剤や放射線治療は通院治療も可能となってきた。

 「従来のがん保険の多くは、入院や手術を中心に据えた保障内容になっており、化学療法もかつては入院で行われるケースがほとんどでした。しかし、医療技術の進歩により最近の抗がん剤治療は通院でも行えるものが多くなりました。さらに、現在のがん治療においては、手術や放射線治療の前後に抗がん剤治療を行うケースが増えており、化学療法の活用の範囲が広がっています。そこで、入院や手術だけでなく通院による化学療法にも対応した保障を兼ね備えた商品を選ぶことが大切なのです」(田中さん)

チューリッヒ生命 商品企画部 田中 彩
チューリッヒ生命 商品企画部 田中 彩

がんの治療で減る収入を給付金で補填する

 このようなニーズから生まれた新しい保険商品が「チューリッヒ生命の終身ガン治療保険プレミアム」。最大の特徴は通院治療に対する保障が充実しており、働きながらがん治療を行う人をサポートしてくれることだ。

 「主契約の『抗がん剤・ホルモン剤治療給付金』と『放射線治療給付金』は、がんの3大治療のうち、抗がん剤・ホルモン剤の処方や投与を受けた月あるいは放射線治療を受けた月に、入院・通院にかかわらず一定金額をお支払いするというものです。この一定金額は最大60万円までの範囲で契約時に決めることができます」(小沼部長)

 さらに、この保障は、がんになってからも生活維持のために働きながら治療を行う人もサポートしてくれる。

 「従来と比べると通院による治療が増えましたが、治療期間中は今まで通りの仕事は続けられないという方は多いのです。そのため、治療費10万円程度に月収分をプラスした金額、少なくとも20万円に設定し生活保障としてご活用いただくことをお勧めします」(小沼部長)

 治療中は、通院のために仕事を休むことも増え、場合によっては退職することも考えられるので、所得の減少分を補填する備えも必要になる。そのため、治療費に月収分を足した金額を設定しておくことで、収入減にも対応できるようになるというわけだ。これは、働き盛りのビジネスパーソンにとっては心強いことだろう。

がんだけでなく、3大疾病をカバーする特約も

 また、「チューリッヒ生命の終身ガン治療保険プレミアム」には、主契約以外にさまざまな特約が用意されている。主契約に特約を組み合わせ、個人のニーズによって自由に設計することができるのも特色の一つだ。

 特約の種類も豊富だが、特徴的な特約として代表的なものは、「ガン緩和療養給付金」と「ガン診断後ストレス性疾病給付金」だ。

 「『ガン緩和療養給付金』は、がんの痛みを和らげる緩和ケアを受けた時に所定の金額を給付する特約です。最近では、がんが早期の段階でも緩和療養を行うことが増えているため、その保障のニーズに応えるために設定しました。また、『ガン診断後ストレス性疾病給付金』は、がん診断確定後5年以内に所定のストレス性疾病と診断された場合に給付金をお支払いする特約です。がんと診断されたことで精神的にショックを受け、眠れなくなったり、うつ病になるケースがあるのです」(田中さん)

 また、特にビジネスパーソンに必要と思われるのが、「3大疾病特約」だという。3大疾病とは、がん、急性心筋梗塞、脳卒中のこと。日本人の死因の半数以上を占めている上、治療が長引く傾向にある。

 「『終身ガン治療保険プレミアム』に3大疾病特約を付加することで、入院、手術、入院前後の通院や先進医療など保障の一部が、がんだけでなく急性心筋梗塞や脳卒中にまで拡大し(商品名は『3大疾病保険プレミアム』)、3大疾病のリスクに幅広く備えることができます」(小沼部長)

チューリッヒ生命 商品企画 部長 小沼 健治 商品企画部 田中 彩

 保険との付き合い方で欠かせないのは、子供の誕生や転職・退職などのライフイベントごとに保障内容を見直し、現在の治療の傾向に即しているかを考えることだという。

 「入院と手術だけに対応したがん保険では、今のがん治療への対応が十分ではない場合があります。足りない保障があれば、追加していくことが大切です」(小沼部長)

 現在加入しているがん保険は、がんになった時に十分な備えとなってくれるだろうか。今一度、保険を見直し、上手に活用していきたい。