「保険セレクト」ストーリー  ~お客様インタビュー~

T様(女性・40代)子供が生まれ、貯蓄を増やそうと保険の見直しを考えていたところ、ガンに対する保障が弱いと感じたのでチューリッヒ生命に電話で相談。とても親身に対応いただきました。
電話・資料請求でお申込み
◆家族構成
:夫・子供(一人)
◆加入プラン
:ガン保険Plus+
《主契約》ガン保険(2007)
《主な特約》ガン再入院継続治療特約、ガン先進医療特約、定期保険特約(リビングニーズ付加):300万円

ガンの不安を解消してくれたチューリッヒ生命の保険と電話対応

子供の誕生で保険の見直し

子供が生まれて1歳になる頃、教育資金のために貯蓄を増やしたいと思い、学資保険とともに、夫の会社で財形貯蓄を始めました。同時に、私と夫の生命保険についても見直し、必要な保障に絞って保険料を減額しようと考えました。私は、独身の頃から国内大手生命保険会社とチューリッヒ生命に加入していたのですが、すべて解約するのも不安なので、それぞれの保険会社に電話で相談しました。チューリッヒ生命からは、新しいタイプのガン保険に入り直せば、特約を付けても保険料が安くなる場合があると聞き、実はガンに対する保障を厚くしたかった私にとって、とてもいいお話しだと思い、そのまま申込みました。

ガンの不安を電話で解決

私にとってガンは身近な病気です。祖父がガンを患い、転移と再発を繰り返して亡くなりました。愛犬もガンになり、現在も大学病院とホームドクターの先生が連携して治療中です。自分の体も、生活習慣やストレスなどでガンのリスクが高まっているかもしれないし、そうした不安が少しでも解消されるのならと、ガン保険への加入を検討していたのです。

今回の保険の見直しにあたって、チューリッヒ生命のオペレーターにこちらの考えを率直に伝えたところ、「ガン保険Plus+」という保険があることや、ガンで再入院しても保障する特約があることなどのアドバイスをいただきました。こちらの要望を伝えると、すぐに保険料をシミュレーション。スピーディに対応いただいたので、加入の判断がとてもしやすかったですね。

いつ電話しても、誰が出ても同じ安心感を得られる

以前、容体が悪くなって入院し、保険会社に給付金を請求したことがあります。その時のチューリッヒ生命がとても親身に対応してくれたという印象があって、それが今回のチューリッヒ生命の見直しでの継続に大きく影響したと思います。

国内の大手生命保険は、決まった担当者がいるという安心感がある一方で、こちらが連絡したときに担当者が不在で待たされることもあります。チューリッヒ生命はオペレーターによる電話対応のため、専属の担当者はいません。ところが、いつ、誰に電話しても私が加入している保険の状況を把握しており、こちらを気遣うような温かみのある言葉をかけてくれます。電話さえすれば悩みや不安が解消される、そんな仕組みこそ、私が本当にほしかった安心なのかもしれません。

当社のご契約者様より無作為にご案内をさせていただき、ご協力にご了承いただいたお客様にインタビューを行っております。 掲載内容につきましては、お客様にお聞きした内容をそのまま掲載させていただいております。あくまで個人の経験と主観に基づくご意見・ご感想です。