「保険セレクト」ストーリー  ~お客様インタビュー~

O様(女性・40代)義父も実兄もガン。不安になって加入していた保険を確認すると、夫婦ともガンへの備えがないとわかり、プラン探しを開始。チューリッヒ生命で、日々の安心度が高まりました。
電話・資料請求でお申込み
◆家族構成
:夫・子供
◆加入プラン
:ガン保険Plus+
《主契約》ガン保険(2007)
《主な特約》ガン再入院継続治療特約、ガン先進医療特約

ガン診断時の一時金を何度でも。大きな安心と手頃な保険料が決め手に。

ガンのリスクの身近さに気づく

ある時主人と話をしていて、義父がガンで亡くなって今年が10年目だと気づきました。年齢を重ねるほどリスクが高まるという話も聞きますし、主人は「自分もいつガンにかかるかわからないな」と。考えてみると私も、実兄が数年前に初期の肺ガンで治療を受けており、2年前には自分自身、手指に腫瘍ができてヒヤリとした経験があります。細胞診の検査結果を待つ間、「ガンかもしれない」と不安に苛まれると同時に、手術や抗ガン剤などで必要になる治療費をどう賄おうかと悩みました。それで主人と、自分たちが加入している保険を見直そう、と話し合ったのです。

保障内容と保険料でチューリッヒ生命に

保険内容を確認したところ、主人の保険は死亡保障が中心で、医療保障は手薄。当然、ガンへの備えもほとんどありませんでした。ガンの不安が見直しのきっかけでしたから、まず、ガンの保障が厚いプランを探すことにしました。主人から一任され、インターネットで比べながら候補をピックアップしていきました。

いろいろと調べたところ、初めてチューリッヒ生命の存在を知り、保障内容と保険料に魅力を感じました。特にいいなと思ったのが、ガンと診断された時の一時金が何度でも受けられることです。ガンには再発や転移のリスクがつきまといますから、これだけでも安心度が違います。月々の保険料も2人で5,000円弱。自分たちの年齢を考えるともっと高額になると予想していましたから、うれしい誤算でした。

きめ細やかな心遣いに信頼感が強まった

もう一つ加入の決め手となったのが、チューリッヒ生命の対応の良さ。依頼してすぐ資料が送られてきましたし、同封されていた申込書には記入が必要な箇所に手書きで印をつけてありました。記入の際には電話で担当の方に確認しながら書き進められました。こうしたきめ細やかな心遣いが保険金支払いの際の対応につながるのではないかと、信頼感が強まりました。

「チューリッヒ生命Club Off」の会員になれる特典もいいですね。私が通っているヨガ教室や、主人の趣味であるゴルフでの優遇があるので、どんどん活用しようと考えています。二人の子供も成人していますから、大きな安心を備えたこれからは、夫婦水入らずの生活を心おきなく楽しみたいです。

当社のご契約者様より無作為にご案内をさせていただき、ご協力にご了承いただいたお客様にインタビューを行っております。 掲載内容につきましては、お客様にお聞きした内容をそのまま掲載させていただいております。あくまで個人の経験と主観に基づくご意見・ご感想です。