ニュースリリース

2013年5月9日

がんの疾患啓発、研究推進のチャリティーライブ
「Rock Beats Cancer FES 2013 vol.2」への特別協賛のお知らせ

チューリッヒ生命は、2013年7月7日(日)に日比谷野外音楽堂で開催される小児がんとAYA(※)世代と呼ばれる15~29歳の若年者のがんの疾患啓発や患者支援、研究推進の支援を目的としたロック・チャリティーライブ「Rock Beats Cancer FES 2013 vol.2(ロック・ビーツ・キャンサー・フェス2013 vol.2)」に特別協賛をし、第一回目の大阪公演に引き続きメインスポンサーとしてイベントをサポートいたします。

AYAとは、Adolescent and young Adult(思春期と若年成人)の略。

Rock Beats Cancer FES 2013 vol.2 Supported by チューリッヒ生命

このイベントは、日本を代表するドラマーとして世界的にも知られるハードロックバンドLOUDNESS(ラウドネス)の樋口宗孝氏が2008年11月に肝細胞がんで逝去されたことをきっかけに2012年4月に立ち上げられた、がんの疾患啓発や患者支援、治療研究の推進のための支援基金「樋口宗孝がん研究基金(MHF: Munetaka Higuchi Foundation For Cancer Awareness and Research)」への寄付を募るために企画されたロック・チャリティーライブです。本イベントのテーマは「小児・AYA※世代(15~29歳)のがん」。東京では初の開催となる今回の公演では、LOUDNESSをはじめ、日本のアニメソング界で活躍するJAM Project(ジャム・プロジェクト)など人気ロックアーティスト(5月9日現在)が参加し、ステージでは迫力あるライブパフォーマンスとともにがんについて正しく知ることの大切さを伝えていきます。なお、今回のイベントで集められた収益金および寄付金は、樋口宗孝がん研究基金を通じて、小児がんやAYA世代のがんの疾患啓発、患者支援および研究推進のために活用されます。

集めた寄付金を小児・AYA世代のがん患者のための治療環境整備、治療研究の推進の資金づくりに

小児がんは小児期(15歳以下)における病気による死因第1位(参照:厚生労働省「平成23年人口動態統計」)であり、約1万人に1人の子供が小児がんに罹患しているといわれています。日本における治療環境や治療法、薬の研究は他のがんに比べて遅れており、さらに治療を終えた後も、治療の後遺症や学業の遅延、就職の問題など課題が多く、社会への疾患についての理解を推進し、改善や支援を行う必要があります。このチャリティーライブでは小児・AYA世代のがん患者の療養や支援を行うための施設の立ち上げや新しい治療法の臨床試験を進めるための資金を集めることを目標にしています。

チューリッヒ生命では、がん患者の方々が前向きに安心して治療に臨み、人類ががんを克服できる時代になる日を1日も早く実現すべく、がんの疾患啓発や患者支援、そして新たながんの治療法の研究開発へのサポートを積極的に行ってまいります。

「Rock Beats Cancer FES 2013 vol.2 supported by チューリッヒ生命」イベント概要

開催日2013年7月7日(日) 開場:15:00 開演:16:00
場所日比谷野外音楽堂(大音楽堂)
主催文化放送
企画Rock Beats Cancer !! 実行委員会
(樋口宗孝がん研究基金(MHF)・NPO 法人キャンサーネットジャパン・MUROCK)
定員2013年7月7日(日) 開場:15:00 開演:16:00
出演アーティスト2,500人
公式ホームページhttp://www.cancernet.jp/rbc/ 別ウインドウで開きます

「「Rock Beats Cancer FES 2013 vol.2」への特別協賛のお知らせ」資料