日本における
代表者メッセージ


日本における代表者兼最高経営責任者

太田 健自

   当社のミッションは、お客様に対して、新しい付加価値を提供することです。3本の柱があります。


1. 「革新的な保障性商品」を提供すること。当社では、これらの商品を「プレミアムシリーズ」と呼んでいます。
2. 「品質の高いサービス」を提供すること。私どもは、この高品質のサービスを「Z.Q.」、即ち、チューリッヒ・クオリティーと称しています。
3. 商品やサービスを「利便性の高い、お客様の選択権を活かせるチャネル」を通じて提供すること。即ち、インターネット、電話、募集代理店、銀行が当社の主なチャネルになります。

   3つの付加価値提案の柱を通じて、当社はお客様にとって、常にナンバーワンの存在を目指します。


チューリッヒ生命のお客さまに対する付加価値提案

   お客様に満足いただけるサービスを提供することは、我々の存在意義そのものです。お客様にふさわしい商品を選んでいただく過程においても、契約内容変更の対応の場面でも、保険金・給付金の受取方法についてご案内する場面でも、社員全員が常に品質の高いサービスを提供することこそ、我々の揺るぎない使命であり、「チューリッヒ・クオリティー(Z.Q.)」です。

チューリッヒ生命のサービス品実に対するコミットメント

   チューリッヒ・クオリティーは、チューリッヒ生命のサービス品質に対するコミットメント、即ち約束です。このお客様への約束は、当社の現場で働く人間が使用した言葉であり、日々実践を心がけていることです。


   今年も企業変革プロジェクト「100日計画」を推進しています。「100日計画」の目標は、より多くのお客様に、当社が提供する価値に魅力を感じ、「チューリッヒ生命」を選んでいただくことにあります。日本の生命保険においても「Power of Choice(自ら保険会社・商品を比較して、自ら選ぶこと)」を活用するお客様は、ますます増えています。そのように積極的に保険を選ぶお客様が、当社の商品やサービスに魅力を感じ、加入した後「入って良かった」と体験し、満足していただくことを目指しています。「100日計画」はこれまで数々の成果物を実現しています。



    「100日計画」の推進によって2015年度(2016年3月期)の新契約年換算保険料は、前年比約3倍に、100日計画開始前の2012年度(2013年3月期)と比較して、約17倍に増加しました(2012年度~2015年度年平均成長率159%)。


   これからも、多くのお客様からいただいております信頼、信用を維持するとともに、さらに多くのお客様からご愛顧いただくことができるよう努力を続けてまいりたいと考えております。今後もより一層のご支援、ご指導を賜りますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。